虚血性大腸炎の症状と治療体験

スポンサードリンク

いきなり下腹部に激痛が・・・・

 

虚血性大腸炎?

 

虚血性大腸炎って聞いたことありますか? 

 

どんな病気かご存知ですか?

 

実際にこの病気を体験した私管理人がその症状と病院での治療、そして再発しないように今現在、気をつけていることを綴ってみました。

 

 

痛い、あれっ相当痛いぞ、ダメだ我慢できない、苦しい、救急車呼んでもらうかも・・・

 

 

隣で寝ている奥さんをたたき起し、私はこんな言葉を発しました。

 

 

さあ、寝よっと。

 

夜中の12時過ぎにベッドに入り、うとうとと眠りかけた瞬間です。

 

急に左下腹部が痛くなりました。その痛みは徐々に酷くなり収まりません。

 

虚血性大腸炎

 

ヤバい、相当に痛いぞこれは。

 

必死で痛みをこらえ苦しそうな顔している自分に、奥さんが心配そうに「大丈夫?」私は「相当痛い、救急車呼んでもらうかも」と発するのが精いっぱいでした。

 

どうしようかと思いましたが、そのまま我慢をしていましたら痛みは引いていきました。

 

が、 全身汗だく、パジャマは汗でベタベタ、額にはべっとりと脂汗が、、。

 

今まで経験したことのない激痛と大量の脂汗。

 

何だったんだこの痛みは?

便器が血の海に、、、なんじゃこりゃ?

 

痛みが治まったと思ったら・・・

 

 

痛みが治まり、ホッとしたとたんです。

 

今度は急にトイレに行きたくなりました。下痢だな、、これは。

 

感覚ですぐわかりました。

 

 

トイレで用を足し、ふと便器を見てみると、白い便器が真っ赤に、まさに真っ赤に染まっているではありませんか。

 

 

便器の中という小さな海ではありますが、血の海とはこういうものをいうのでしょうか。

 

 

言葉が出ない。。。自分でも真っ青になっていたでしょう。

 

愕然としました。

 

もしかして大腸がんかも?

 

こんなに血がでるなんて。普通じゃないな。

その日は結局眠れませんでした

 

再び布団に入りましたが気がかりで寝付けません

 

 

すごかったのは、お腹がゴロゴロ、グーグー、大きい音で鳴るんですね。
朝までずっと鳴っていました。

 

 

風呂から上がって寝る前に冷たい牛乳をコップ一杯、一気に飲んだのですが、
それがいけなかったのか?

 

 

どうしよう、重い病気だったら? まさかガンじゃ?

 

 

そんなことを思っていたら結局その日は眠れませんでした。

 

 

翌日は土曜日でした。

 

 

少し様子を見てみよう。

 

土、日曜と様子を見て治らなかったら
月曜日に病院に行こうと思っていました。

 

 

心の中では、「これは軽い病気じゃないな」と思いつつ、
一方で「二日で治らないかな~」と重い病気を否定したい
という自分がいました。

残念ながら二日では治りませんでした

 

土曜、日曜ともに下血がありました

 

 

何か薬を飲まなければ、と思うのは普通のことですが、
もしかしてこれで治るかも? と思って飲んだのが正露丸でした。

 

 

確かに下痢には効くけど出血しているわけです。

 

やっぱり違うでしょ?と思ったのですが、万が一という思いがあったんでしょうね、今思うと笑っちゃいますが。

 

 

痛みはもう全くありませんでしたが、相変らずお腹はゴロゴロ、グーグーと
1日中鳴っています。

 

痛みがなかったせいか、この二日間は普段どおりの食事をしてしまいました。

 

後から思うとゾッとしますが、腹一杯食べて、コーヒー飲んで、ビールも1パイだけ飲んでいました。

 

ビールはいかんですよね、さすがに。

 

 

残念ながら日曜になっても出血は止まりませんでした。

 

期待はしておりませんでしたが正露丸も全く効果なし。

 

これはまずい。。。

 

明日病院へ行くことに決めました。

 

 >>>病院での診察>>>

 

スポンサードリンク

 
トップページ 病院での診察 入院と治療体験 虚血性大腸炎とは 再発を防ぐ為に 大腸を強くする