虚血性大腸炎の症状と治療体験

スポンサードリンク

再発を防ぐ為にやるべきこと

 

お腹を大切に

 

こんな激しい痛みはもう二度と味わいたくありません。

 

二回発症する人はあまり多くないそうですが、私のように腸が強くない人、血管年齢が年齢以上の人などは再発の可能性があります。

 

 

退院後すぐに取り組んだこと

 

退院後すぐに実施したことは腸内環境を整えることでした。

 

先生からは腸に良い食事をして下さいと言われ、献立一覧表を退院後に渡されました。

 

まずは、食物繊維、乳酸菌(善玉菌)などの腸にいいもの、腸内環境を整えるものを食べることです。

 

それも毎日手軽に継続して、かつ安く食べれるもの、気軽におやつとして口にできるものを探しました。

 

 

ドライフルーツ

 

 

その結果、ドライフルーツに食物繊維が多く含まれていることが分かりました。

 

中でもブルーベリーは豊富に食物繊維を含んでいます。

 

 

ブルーベリー

 

 

一方、乳酸菌については、ヨーグルトは昔から毎日食べていたので、それにプラスαできるものを取ることに決めました。

 

 

よって、こちらの方はオリゴ糖にしました。

 

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。

 

乳酸菌だけではダメなんですね。

 

乳酸菌が活きて活動するためにはオリゴ糖が必要となるわけです。

 

 

 

ブルーベリー

 

ドライフルーツはたくさんの種類があります。

 

マンゴー、プルーン、干し柿、アンズ、レーズンなどなど。

 

 

おやつ代わりに気軽に食べれて、値段も比較的安いですし、食物繊維が豊富で鉄分もたっぷり含まれています。

 

 

中でもブルーベリーの食物繊維は100g中17.6gとトップで、2位は干し柿の14.6g、イチジクは10.7gもあります。  ※日本食品標準成分表2015年版より

 

 

私はこのブルーベリーを毎日約20粒食べてますし、目にもいいので一石二鳥なんですね。

 

ブルーベリー

 

 

コーヒーの空き瓶に入れてます!

 

 

 

オリゴ糖

 

自分でも簡単に毎日補えるものとして見つけたのがオリゴ糖です。

 

 

病院の先生に聞くと、オリゴ糖は腸内環境を整えるには素晴らしい食品だそうです。

 

ヨーグルトなどの乳酸菌と一緒に食べることで一層効果が増します。

 

 

善玉菌(ビフィズス菌)との相性、便秘解消効果が腸に好影響を与えます。

 

 

便秘することなく、スッキリした便通があれば腸内環境は好調と言えます。

 

私は、コーヒーに入れたり、ジュースに入れたり、青汁に混ぜたりと気分次第でいろいろな方法で取っています。

 

 

なお、朝食には必ずオリゴ糖をヨーグルト、きな粉、黒ゴマと一緒に混ぜて食べてます!

 

 

私が食べているオリゴ糖はカイテキオリゴというものなんです。

 

 

最初はどんなオリゴ糖を選ぼうか迷ったのですが、調べてみたところ純度ほぼ100%というのがカイテキオリゴでした。

 

 

シロップ状のものではなく、さらっとした粉末状にしたものです。

 

 

便秘改善でかなり実績があり、良く売れているようでしたのでこの商品に決めました。

 



 

 

→→→カイテキオリゴ

 

 

 

 

自律神経のバランスを整える

 

大腸のぜん動運動は自律神経によってコントロールされています。

 

自律神経は、交換神経と副交感神経と2種類あります。

 

 

交換神経というのは、活動している時や緊張している時やストレスがある時に働きます。

 

 

一方、副交感神経というのは、その逆で眠っている時やリラックスしている時に働きます。

 

 

 

大腸のぜん動運動というのは副交感神経が優位の時に働きます。

 

 

よって、大腸の血流を活性化したり、便秘を予防したりするには副交感神経を常に優位にしておくことが大切なのです

 

しかし、現代の生活は、どうしても交換神経が優位になりがちで、ストレスや刺激が増えて大腸にとってはよくない傾向にあります。

 

 

・ストレス過多にならない

 

・睡眠をたっぷり取る

 

・暴飲、暴食をしない

 

・適度な運動

 

などが重要となります。

 

 

 

毎日の生活に取り組んでいること

 

次に、再発防止のために日々生活に取り組んでいることです。

 

 

 

・お腹を冷やさない

 

・血管を衰えさせない

 

・血流をよくする

 

・軽い運動の実施

 

・中性脂肪の削減

 

 

 

お腹を冷やさない、血流をよくする

 

お風呂でお腹をマッサージします。

 

同時にこれは血流も良くします。

 

冷たいものを食べない。

 

冷えたビールやお茶を飲まないようにしています。

 

 

 

 

血管年齢を衰えさせない

 

野菜ジュースに大さじ一杯のアマニ油を入れて毎朝飲んでいます。

 

酢しょうがを作って適度に食べています。

 

アマニ油酢しょうがも血管を強くすると言われています。

 

   

 

 

 

軽い運動の実施

 

家の中でストレッチを行っています。

 

毎日約30分ほど。

 

体の硬い人は血管も硬い人が多いそうです。

 

特に風呂上がりに実施すると効果ありですね。

 

 

 

 

中性脂肪の削減

 

食事に気をつけています。

 

油っぽいものを減らし野菜を多く取る様にしています。

 

納豆、ヨーグルト、黒ゴマ、ニンニクサプリを毎日食べています。

 

  

 

 

 

これらが絶対に効くということではありませんが、腸にいいことはまずは実施をしています。

 

 

私はストレスがたまるとすぐ便秘になります。それだけ腸は敏感なのです。

 

 

健康で長生きする為に腸を丈夫に保ちましょう!

 

 

>>>大腸を強くする>>>

スポンサードリンク

 
トップページ 病院での診察 入院と治療体験 虚血性大腸炎とは 再発を防ぐ為に 大腸を強くする